スーパーマンデリン
Blue-Lington Grendeak

今季もののまさにピッカピカの新豆です(2017年3月時点)
◇今回ご紹介する商品は、北スマトラはリントンニウタ地区から
、とにかくピカピカの初々しい緑色が美しいマンデリンです。

需要過多で年々全体的に質が落ちてきてしまっているマンデリン。  流通されている殆どのマンデリンは豆色・豆面も悪く風味もイマイチといった様相になっております。 

このGrendeakは、まず豆が超フレッシュな事が一番の売りです。 そして豆色が良く、豆面も上級種レベルに良くさらにこの質感にして価格がお手頃というのが◎です。 総合的にみて良質なマンデリンが入手困難な2017年としては素晴らし出来となっております。

厳格な管理の農場で実った完熟のレッドチェリーのみ収穫し、スマトラ式で精製を行った後に天日乾燥で仕上げております。
袋詰めの際のピッキングは、管理者をつけて厳格に合計4回行っており比較的綺麗に選別されております。
ここ数年は、それでも供給不足から多少の妥協を余儀なくされているのですが(ある程度許せるならはじかないという妥協)、このGrendeakはかなり頑張ってピックしています。

 
フレッシュ過ぎるほどのフレッシュなマンデリンですので、風味はまだ完全に出ていない可能性が強い状態です。
しかし、中々こんなビビッドなグリーンのマンデリンに出会えることは昨今ございませんので、これからの可能性も含めて焙煎にチャレンジしていただければと思います。  同ロットの入荷数は極わずかですのでエイジングを待っている間には完売が予想されます。 興味がある方は、購入後に定温保管にてエイジングをされることをお勧めします。
 
 SGマンデリン ブルーリントン グレンディーク



生 産 国: インドネシア
生産地域: スマトラ島北部 リントン・ニウタ ドロックサングルール
業   態: 零細農家
品   種: 在来種
 規   格: G-1スーパーグレード
スクリーン: 17UP
標   高: 1350m-1450m
収 穫 期: 9月-1月
 精製方法: スマトラ式
乾燥方法: 天日乾燥
クロップ年: 2016/2017
日本到着: 2017年2月
梱包・保管: グレインプロ・定温倉庫

インドネシアでは、世界レベルのマンデリン珈琲フィーバーでその需要が高まり、最上質の品質を持つ珈琲は現地で世界中の珈琲ハンターが需要をみながらなの奪い合い状態が慢性的に続いている状況です。

 そんな中、スペシャリティコーヒーの価値が高まり”良い珈琲にはそれに見合った対価”が支払える環境が整ったこともあり、珈琲農家の中にはより良い珈琲を創る為の努力を惜しない農家が増えつつあります。
ブルーリントン グレンディークは、そのような珈琲作りに手間暇を惜しまない農家が生産したプレミアム珈琲です。


熱帯雨林地方の特徴であるスコールから、乾燥中の豆を守る為乾燥期間(4,5日)はべったりと張り付き雲が近づくと下の写真のようにすぐさまくるくるとカバーを丸め雨から珈琲を守ります。そんな作業を日に何度も繰り返し、拘りの天日乾燥を行います。熱帯雨林地方の灼熱の太陽とその何ともいえない湿度が、マンデリン珈琲を最上質に仕上げます。

カッピング・・・(2017年3月時の超フレッシュな状態での評価)。 マンデリン特有の香り、風味を感じなくもないが現時点ではわずか。 甘さのある綺麗な香り。  コクは深くチョコやアーシー感がある。 シロッピーでスムーズ、丸い口当りが素晴らしい。 後味はかなり綺麗でほのかに甘さが続く。 可能性を秘めた総合的な評価としてはかなりお勧めです。
深い焙煎にも十分耐えられる豆です。

焙煎・・シティ~フルシティ      
  アロマ:  
  ボディ:
  酸 味:
  後 味:  
 
  WINWIN本舗コーヒー生豆リストへ
   WINWIN本舗のトップページへ