RWANDA

KARAMBI


カブガウォッシングステーション(カブガCWS)は、2010年に建設されたウォッシングステーションで、328名の近隣生産者のコーヒーを精製しています

 カブガCWSは、ルワンダの南西部に位置するカランビ県にあります。 火山によって生まれた大きな湖であるキブ湖。 そのキブ湖南東部湖岸の地カブガに聳える高標高の丘陵地にある小農家産の珈琲をカブガCWSで精製した珈琲となります。

 カブガCWSでは、328名の生産者(内130名が女性)のコーヒーをプロセシングしています。 その各農家の栽培面積をあわせると200ヘクタールになります。 パルパーはマッキノン3ディスクを使用し、75台のアフリカンベッドで天日乾燥しています。  コーヒーシーズンには3ヶ月にわたって約100名の女性労働者を雇い、ハンドピックを行って仕上げます。

ルワンダのコーヒー生産は主に、ウォッシングステーション(精製所)単位で行われており、農園名にCWS(コーヒーウォッシングステーション)という名が入ります。 そのウォッシングステーションに加盟している近隣の農家の珈琲を精製し、ウォッシングステーションのブランド名にて世界に輸出されます。  ルワンダのコーヒー生産初期の2002年には精製所はたったの2か所しかなったのですが、その10年後には214まで増えたCWS。  国家プロジェクトで始まったルワンダの珈琲生産ですので、システム化されており精製所単位での珈琲が一般的となっているのです。
 

  WINWIN本舗コーヒー生豆リストへ
   WINWIN本舗のトップページへ


 ルワンダ カランビ カブガCWS

  
   
生 産 国: ルワンダ
生産地域: 西部州ニャマシェケ群カランビ
品  名: カブガCWS
業  態: 生産者組合(零細農家)
品   種: ブルボン
     
 規   格: A
スクリーン: 15UP
標   高: 1800m~2000m
収 穫 期: 2月~7月
 精製方法: フルウォッシュド
乾燥方法: 天日乾燥
クロップ年: 2018
     
日本到着: 2018年12月
梱包・保管: グレインプロ/低温保管


 カブガCWSは半径2km程度の限られた小農家にのみ開かれており、その条件が質の高い珈琲を生産する要因の一つにもなっています。  これはゾーニングといって、国家指導の下で広がりつつある制度です。

 左の写真を見ての通り、カブガCWSの周囲はアフリカの高標高の山奥です。 その近隣にある小農園は、西にキブ湖と東にニュングエ自然保護区に挟まれた高標高の山ですので、かなりの寒暖差のあり、コーヒー栽培には好条件のCWSとなります。 道路インフラがまだまだ整備されていないエリアですが、2km圏内の農家であれば徒歩や自転車等の日常の足でも
最高の状態でチェリーを個々の農園から持ち込む事が可能となります。 高い山で収穫したコーヒーチェリーの質を落とすことなく、精製する事が可能である事が素晴らし珈琲の風味を作りだします。

  
カッピング・・・黒糖のような甘さにドライ感を出したような複雑な香タンニンを感じるドライなコクに、ジューシーな酸味がミックスされた,、ルワンダ産珈琲の初期にあったような力強い懐かしさのある風味。 後味もドライ感のある珈琲に仕上がっている。

焙煎・・ハイ+~フルシティ。 ハイ+で充分に強さが出ます。  深く煎ると香が出やすいが、タンニン感・ドライ感が増すので、お奨めはハイ+。
  アロマ:  
  ボディ:
  酸 味:
  後 味:  


 
KABUGA CWS