グァテマラのコーヒー生産エリアの中で最も首都から遠く起伏の激しい秘境エリアからドン・アントニオ農園深みのある甘いアロマ、チョコ、ワインような風味にミディアム+ボディが特徴のWINEY精製のコーヒーです。

グァテマラ
の首都グァテマラ・シティから直線距離で北西約160km、車で約7時間の距離にあるドン・アントニオ農園。珈琲の栽培地としてはグァテマラ・シティからもっとも遠いウエウエテナンゴ地方にあります。

 現在の農園主は
アントニオ・サンチェス氏。サンチェス家がコーヒービジネスを始めたのは比較的新しく1966年から。彼の父親リゴベルト・サンチェス氏が1966年に土地を購入し農園を始めました。もともとリゴベルト・サンチェス氏は別のコーヒー農園で働いていましたが、資金が無く農地を購入する事が出来ませんでした。しかし、当時の農園主が真面目に働くリゴベルトに資金援助をし、現在の農園を購入する事ができたのです。そしてリゴベルは長年の夢は、現オーナーのアントニオに引き継がれて素晴らしいコーヒーを生産するに至っています。

ドン・アントニオ農園は、グァテマラの中でも高地にあるコーヒー農園です。
赤道に近いグァテマラエリアでの1700m~2000mとなりますとかなりの高さとなります。 地面には岩が見られ、急斜面で良く乾いた石灰岩土壌。 雨は少ないながら、日中でも霧が発生し立ち込めるエリアで寒暖の差が激しく風味の高いコーヒーを栽培するには最高の栽培気候条件になります。
 他エリアでこの条件の場合は、夜間は一気に冷えるためコーヒーの天敵である霜が降りやすく本来はコーヒーの栽培には向きません。しかし、
ドンアントニオ農園エリアは、隣のメキシコのテワンテペク地峡から世界的に有名な乾燥した熱風が山に上がって吹き込むという好条件の為霜が発生しないというのも有利に働きます。

  WINWIN本舗コーヒー生豆リストへ
   WINWIN本舗のトップページへ
 グァテマラ ドンアントニオ農園 カツーラ WINEY




生 産 国  グァテマラ
生産地域:  ウエウエテナンゴ地方サンペドロネクタ
業   態:  エステー
品   種:  カツーラ
 規   格:  SHB EP
スクリーン:  16UP
標   高: 1,700m~ 2,000m
収 穫 期:  2016年12月~2017年4月
 精製方法:  WINEY(ナチュラル)
乾燥方法:  天日乾燥
クロップ年:  2016/2017
日本到着:  2017年11月
保管方法:  グレインプロ/定温倉庫(15度設定)


2年ぶりのドンアントニオ農園からのコーヒーです。 今回はカツーラ種のワイニー精製ですが、前回に取り扱ったドンアントニオのコーヒーは、品種がブルボンで精製が同じワイニーでした。 
 さて、今回のドンアントニオは・・・精製方法が同じで品種が異なりますが、カツーラらしい強さがある珈琲に仕上がっています。 特に香と風味双方は強さがある上にバランスの良い仕上がりになっています。



降雨量の少ないウエウエテナンゴエリアですが、この農園エリアはちょっと標高を下がれば数え切れないほどの小川があるほど水源に恵まれていますので、精製工場の水にも事欠かず、鮮度の良い状態で工程にはいることができるというのも良いコーヒーが作れる条件となっています。



カッピング・・・深く甘い正にワイニーな質の高い香。 コクの深さもその香から感じ取れる。  ワインにチョコ、カカオを感じる甘い風味。 その甘さにジューシーな酸味が程よく効き素晴らしい風味バランスを形成。  始終基本風味はしっかりとワイン。 綺麗でコク深。 後味もほぼ崩れず良い風味を長く味わえる

焙煎・・ハイ+~シティ・・あまり浅すぎず、また深く煎り過ぎない方が層の厚い風味が出ます。
  アロマ:
  ボディ:
  酸 味:
  後 味:
 
GUATEMALA
Don Antonio Estate
WINEY