攪拌方式 捻り回転攪拌方式 釜材質 PYREX高度耐熱ガラス
冷却方式 常温強制送風方式(約10分) 容量 最大250g
加熱方式 間接熱風方式(0〜30分) 消費電流 1300 Watt
加熱温度範囲 0〜250°C 騒音 65db
温度調節 60℃〜250℃ サーモ調整 製品 Size 490 X 243 X 229(mm)
ヒーター容量 1300Watt 製品重量 5.5kg
電源供給 100 VAC 50/60Hz 専用 カラー ブラック or レッド
■ガラスチャンバー(ガラス釜)の拡大写真がこれ!
これは素材にしっかりとした厚手のPYREX・・パイレックスを使用しています。 ガラスで250gを焙煎できる釜を作るということは、実はかなり画期的なことです。 
 これまでのこのサイズの熱風式焙煎機は、鉄やアルミ製のみで焙煎の経過が目視できる焙煎機は存在しませんでした。 温度情報や耳で音を聞いて焙煎をするということは、焙煎にかなり慣れた人の為せる技でして豆種によって違う煎り上がりのタイミングを聴覚に頼って決めるのは家庭用ではコクです。
 
改良版・正規輸入決定  近日販売 開始!
商品案内ページを見る
■これが噂のジェネカフェの3Dロータリーミキシングシステム! 
見てくださいこの動き! しっかり攪拌されていきます。
 熱は右上から間接熱風方式というわかりやすく言えばコンベクションオーブンのような方式で均一に放熱されますので、じっくりムラ無く焙煎されていきます。

Gene cafe(ジェネカフェ)の特徴
・MAX250gの生豆が投入できるキャパシティ!もちろん少量(150g程度〜)でも焙煎できます。
・高耐熱素材のクリアガラス釜を採用。このサイズで焙煎の様子を3Dで見ることができる焙煎機はありません。
・コンベクション方式で熱が伝わりますので点で熱を受ける多くの焙煎機より圧倒的に焼きムラを防ぎます。
・ダイヤルで焙煎中でも焙煎温度・時間を規定の範囲内で正確に自由に変えることができます。
・温度/時間表示もLEDライトで大きく表示されます。
・設定温度とその時の焙煎温度が交互に自動で表示されます。焙煎温度を自動で確認できるシステムです。
・世界特許の3Dロータリー攪拌方式でムラのない均一焙煎が実現しました。


焙煎設定に関して
温度は60℃〜250℃まで1℃単位で設定でき、焙煎中でもダイヤルで自由に高低何回でも変更可能です。
■大きなガラス釜の中の珈琲豆の焙煎経過を見ながら温度変更が自由にできます。 設定されている温度、
焙煎中にセンサーで読み取る温度が交互にパネルに表示されます。
焙煎時間設定も1分〜30分まで6秒単位で自由に設定できます。
 焙煎中でも設定時間内で自由に長短変更できます。  焙煎中はいつでも冷却ボタンを押すことで煎り止めができ早期冷却に入ることができます。  
■時間も十分な設定時間があり、自由に変更可能ですので焙煎する人の意思が反映された細かい珈琲焙煎をすることが可能となっています。

WINWIN

自家焙煎器具
スペシャリティー珈琲の専門店!

本舗