コスタリカ
Finca Tres Hermanas


トレス・エルマナス農園は、ミゲル・ガンボア氏が所有する5ヘクタールの小規模農園です。
農園は、首都サンホセ州の南部に位置するアセリー地区のセントラル・バレー高地というコーヒー生産条件の良いエリアにあります。
元々はコーヒーチェリー(珈琲の赤い果実)を大手サプライヤーに卸している農園でしたが、自分たちが作るコーヒーの品質に自信を持ったミゲルとその家族は、2012年に自分達のブランドとして栽培から精製、輸出に至るまで一貫して珈琲を生産する単一エストートとして独立します。

園名である、トレス・エルマナス農園の意味は日本語で三姉妹農園。農園名の由来はミゲルと妻ベニグナの間には3人の女の子、長女ヤニーシャ、次女ジョセリン、三女イェルリンです。もちろん3姉妹も農園のお手伝いをしっかりとしています。
 コスタリカ トレスエルマナス ナチュラル

生産国: コスタリカ
生産地域: サンホセ州アセリー地区ラレグアデナランホス
農園名: トレスエルマナス農園
業 態: エステート
品 種: カツーラ種
 規 格: SHB EP
    
スクリーン: 16UP
標 高: 1710
収穫期: 2016年12月-2017年3月
 精製方法: ワイニ―精製(ナチュラル)
乾燥方法: 天日乾燥
クロップ: 2016/2017
日本到着: 2017/11月
梱包保管方: プログレイン・定温保管

WINWIN本舗は、トレスエルマナス農園として精製設備を拡充させマイクロロット生産をはじめた2013年ロットからテストを行ってきました。 
 2013年、2015年、2016年(2014年は日本に入港せず)は、残念ながらそのマイクロロットの特徴を十分に感じる事ができずに取扱いには至りませんでした。 
 そして、今期2017年ロットですが文句なしの素晴らしいスペシャルティコーヒーに仕上がりました。 

 独自精製に変えてから5年を掛けその精度が上がった事が大きな要因だと考えております。 本当に素晴らしいワイニー精製のコスタリカ珈琲となっております。

カッピング・・・しっかりとした品のあるWiney香。 コク深くワイニー味もあり、それでいて綺麗な酸味がしっかりとしている。 ワイニー精製としてのバランスが非常に良い秀逸ロット。 冷めるに従いそのワイニー感が程良く増していきます。 そして、ワイニー豆で出がちな雑味ももちろん出ません。 後味まで綺麗です。
焙煎
・・焙煎はお好みでどのレベルでも大丈夫ですが、ワイニー感と酸味そしてバランスがしっかりと出るハイ+程度がお奨めです。
     
  アロマ:  
  ボディ:
  酸 味:
  後 味:  
 
  WINWIN本舗コーヒー生豆リストへ
   WINWIN本舗のトップページへ